NODAHATSU
トップページ サイトマップ お問い合わせ
たまごの履歴書 にわとりプロフィール こだわり たまごセンター設備 初への挑戦 よくある質問 会社案内
 のだ初・トップページ > コンテスト・トップページ > 「第11回コンテスト」食べ方部門(TKG部門)・受賞作品
食べ方部門(TKG部門)・受賞作品
食べ方部門(TKG部門)は、たまごかけごはんの私流の食べ方を募集して、おいしいたまごかけごはん、ユニークなたまごかけごはんに賞を贈ります。
食べ方部門(TKG部門) 大賞 受賞者:A.M 様(群馬県)
賞品:せとうち児島ホテル料理長が作るぶったまごはん付き高級会席料理付き宿泊ペアチケット(1組2名)
『トマトリゾット風TKG』
写真はクリックで拡大します
【材料】
たまご1個、ごはん150g、カットトマト缶70g、牛乳50g、コンソメ2g、とろけるチーズ1枚、こしょう、乾燥パセリ
【作り方】
(1) ごはんにカットトマト缶、牛乳、コンソメを混ぜ合わせた後、ラップをして600W2分程チン
(2) (1)にとろけるチーズ、卵を加え、混ぜ合わせてラップをして600W30秒チン(もう少し増やしてもgood)。お好みでこしょう、パセリをふる。
包丁要らず&レンジだけで調理できるので忙しい朝にもピッタリ!
トマトや乳製品も摂れて優しい味付けなので身体にも嬉しいTKGです。
【コメント】
レンジで温めるだけなのに、まさにリゾットのような味は絶品でした。トマトの酸味ととろとろチーズはたまごと相性が良くて驚きました!
和食のイメージのたまごかけごはんをちょっと洋風で食べたい時におススメです!
ページトップへ
あっぱれ賞 受賞者:S.M 様(兵庫県)
賞品:ぶったまごはんセット「陽」(ひだまり)
『鶏とカシューナッツの卵かけごはん』
写真はクリックで拡大します
【作り方】
(1) カシューナッツ適量を鶏ひき肉と同じくらいの大きさに刻む。
(2) 油を敷いたフライパンで鶏ひき肉とカシューナッツを炒める。
(3) 塩とこしょう、鶏がらスープの素、それぞれ適量を振りいれ、日本酒少々を加え、水分がなくなるまで炒め合わせる。
(4) (3)をごはんの上にのせ、卵を落とす。
【コメント】
カシューナッツのカリカリ食感がアクセントになり、鶏のひき肉との相性も抜群でした。
炒めているので、香ばしさも食欲をそそります。
カシューナッツは体にもいいので、子どもさんや女性にオススメしたい逸品です♪
ページトップへ
あっぱれ賞 受賞者:M.N 様(兵庫県)
賞品:ぶったまごはんセット「陽」(ひだまり)
『天丼ならぬ天たま丼』
写真はクリックで拡大します
【作り方】
(1) 卵を半熟に茹でます。(5分程茹でれば大丈夫です)
(2) 茹でた卵を冷水につけて冷やした後殻をむき、天ぷら粉をつけて揚げます。
(3) 揚がった卵の天ぷらと天かすをご飯の上に乗せます。
(4) 白だし(濃縮)を少しかけ、更に薄口醤油を回しかけます。
カラッと上がった天ぷらととろっとした卵の食感、天かすのさくさく感がとても美味しくてマイブームになっています。
醤油だけでも美味しいですが、だしを少し加えることで風味も更に良くなりリッチな卵かけご飯になります。
【コメント】
外はサクサク、中はとろ〜り半熟の揚げたゆで卵は新食感でした。
白だしの味が全体を和でまとめてくれていました。
天ぷらを作る時には一緒に半熟ゆでたまごも揚げて、ごはんにトッピングして食べてみて下さい。\(^o^)/
ページトップへ
あっぱれ賞 受賞者:Y.H 様(岡山県)
賞品:ぶったまごはんセット「陽」(ひだまり)
『鶏皮のパリパリ感が食欲をそそるTKG!』
写真はクリックで拡大します
【材料】
ごはん1杯分、たまご1個、鶏皮(脂が少ないムネ皮がオススメ)1枚、おろし生姜、きざみのり、醤油
【作り方】
(1) 鶏皮はパリパリになるまで素揚げにして食べやすいサイズに切る。
(2) ごはんを盛った器のまわりに鶏皮を散らし、たまごを落としておろし生姜、きざみのり、醤油を適量かける。
【コメント】
素揚げしてうまみが閉じ込められた鶏皮は卵との相性も抜群でした。
カリカリ食感も楽しくいくらでも食べられそうです。
部活後の子どもさんやお父さんが喜んでくれそうな、スタミナ満点の逸品です!
ページトップへ
Copyright (c) NODAHATSU. All Rights Reserved.