NODAHATSU
トップページ サイトマップ お問い合わせ
たまごの履歴書 にわとりプロフィール こだわり たまごセンター設備 初への挑戦 よくある質問 会社案内
 のだ初・トップページ > コンテスト・トップページ > 「第10回コンテスト」エピソード部門・受賞作品
エピソード部門・受賞作品
エピソード部門は、たまごかけごはんにまつわる思い出・エピソードを募集して、感動・笑いなどを与えてくれた作品に賞を贈ります。
エピソード部門 大賞 受賞者:Y.Y 様(兵庫県)
賞品:にわとりオーナー権+観察日記(定期的なたまごのお届け)
『阪神大震災の避難所でのたまごかけご飯』
私は阪神大震災で被災し家を失いました!
その大震災が起きてから小さい子供二人と妻と一緒に小学校に避難しましたが
一番困ったことは水がないのとトイレ・そして食べ物です。
特に子供がお腹が空いたと言って仕方がありませんでした。
配給も、すぐになくなって家族四人夕方まで水だけ飲んでいました!

これではいけないと私は何か食べ物を探しに行き、潰れた小さなスーパーの前で
家の人が商品を整理しているので食べ物ありませんかと、声をかけると
冷えたご飯と卵5個をパックに入れて私にこれしかないので、お金はいいからともらいました!
小学校にかえって、かくれるように子供に冷えたご飯の卵かけを作り、
子供に真っ先に与えるとすごい速さでたべました!
私も妻も残りを食べましたが今でも、その冷たい卵かけご飯のおいしさと、
もらった人の温もりが自分の心の中に残っていて一生の思い出です・・・
【コメント】
阪神大震災という恐ろしい経験をされた中、家族で乗り越えて命を繋いでくれた冷たいたまごかけご飯。
そして、食べるものがない中、たまごをわけて下さった方の優しさに、読んでいて私たちも心が熱くなりました☆
ページトップへ
あっぱれ賞 受賞者:K.O 様(宮城県)
賞品:ぶったまごはんセット「陽」(ひだまり)
『勝ちたまご』
中学生の頃、初めて人間関係に悩みました。
毎日のようにある部活。合間のお弁当の時間も一人ぼっち。
食べた心地がしませんでした。
ストレスから突然やせ細っていく私を心配して、ある日母が甘い玉子焼きをお弁当に入れてくれました。
朝、母が私にお弁当を渡しながら「はい。勇気と元気が出る卵焼き入れたよ。名前は【勝ちたまご】。負けちゃダメだよ。笑顔で頑張っておいで」と言ってくれました。
その日はなんだか嬉しくて勇気がみなぎる気分になりました。
お昼のお弁当がいつもより美味しかったのは言うまでもありません。
その後、友達との関係も修復し、また元通り楽しくお弁当を食べる毎日が戻ってきました。

・・・そして先日。私は結婚式を上げました。
その際、母からサプライズの手紙で「中学時代は大変だったね。いつも心配してました」との文章が。
読んだ瞬間勝ちたまごを思い出しました。
私にとって笑顔と勇気をくれる卵焼き。もし子供が生まれたら私も作ってあげたいです。
お母さんに作り方習わなきゃ。
【コメント】
辛かった思い出も、【勝ちたまご】で応援して見守ってくれたお母さんの優しさのおかげで懐かしい思い出に変わって素敵ですね。
お子さんが生まれたら、笑顔と勇気をくれる卵焼きでたくさんの優しさをプレゼントしてあげて下さいね。
ページトップへ
あっぱれ賞 受賞者:S.O 様(岡山県)
賞品:ぶったまごはんセット「陽」(ひだまり)
『お母さんへ、朝ごはんのサプライズ』
母の日に、お母さんをびっくりさせようと思ってお母さんが起きる前に早起きして朝ごはんを作りました。
スクランブルエッグを作ってお母さんの顔にしてみたら思ったより難しくて時間がかかったけどお母さんが起きるのに間に合いました。
起きてくるまでまだかなとドキドキしながら待っていたら眠そうな顔で起きてきて朝ごはんをみてビックリしてくれて、食べるのもったいないと言いながら美味しいと言ってくれました。
私が作れる料理はたまご料理で最初に覚えたのがスクランブルエッグだったので喜んでくれて嬉しかったです。また作りたいと思います。
【コメント】
大好きなお母さんの為に早起きして、こんな可愛い朝ごはんを作ってくれたらお母さん、嬉しくて食べるのがもったいなかったのではないでしょうか\(^o^)/
幸せな朝ですね♥
写真も送ってきてくださいました。ありがとうございました!
ページトップへ
あっぱれ賞 受賞者:T.N 様(岡山県)
賞品:ぶったまごはんセット「陽」(ひだまり)
『母からのLINE』
先月、実家に帰った時に卵を買って帰りました。
親は喜んで、『今度卵かけごはんするね!』と言ってくれました。
数日後、母からLINEでメッセージと画像が送られてきました。
娘に写真付きで報告しようと、普段使わない箸置きを出し、
卵かけごはん粒で字まで書き、ご丁寧にパックまで入るように写真を撮った模様(笑)。
私はこんなユーモアあふれる母が大好きです。
【コメント】
明るいお母さんと娘さん、とても仲が良いのがうかがえます(^−^)
離れて暮らしていても、気持ちは近いですね!
ページトップへ
Copyright (c) NODAHATSU. All Rights Reserved.